メインイメージ画像

難しい理由

景気回復の影響で経済の状況も良くなり少しずつ転職のチャンスが伸びているものの他の年代に比べてやはり厳しい印象があるのが中高年代の転職ではないでしょうか。それでは、中高年の転職探しが困難だと言われる原因は一体何なのでしょう。そのわけは、基準となる年収が高いことが原因ではなく、マーケットがこの世代の転職者に求める資質がピンポイントな内容になるからではないでしょうか。

20〜30代ののびしろに期待する中途採用とは異なり、様々な経験とスキルを身に付けた、ポジションに合致した人を採用したいと思っているのです。

あなたが転職を前提で仕事を探すときに大変大切なのが、職務経歴書の内容です。今までの役職ややってきた職務内容、専門的なスキル、身につけてきたこと、この先何がしたいか、自身を自分を知ってもらうには大変重要なものです。

また、何をやってきただけではなく、それによって成果を上げることが出来たかという事が重要なので、分かりやすく書いておきましょう。今までの職歴・業績、自己アピール等を簡単にまとめて箇条書きにします。

いろんなメディアを利用できる今の時代ですが、求人誌やネット上にも情報を掲載せずに、店舗内での張り紙で人を募集していたりする場合が時にはあります。

メディアを通して募集しようとすれば費用も手間もかかったりするので、そういうような思惑も一応あるかも知れませんね。すぐ近所に気になっているショップがあってもしそういう張り紙などがあるのなら直に面接をお願いするのも1つの方法かも知れません。ただし、やはりメディアなどに掲載している場合がほとんどですので、すぐ近場で転職先を探すのなら手間もかからないインターネット検索を使用すると見つけやすいでしょう。

更新情報